日焼け 美白

MENU

日焼け後の美白ケアについて解説!

夏になると、海に行ったり、レジャーに行ったりする機会が多く、うっかりと日焼けをしてしまったということも多いですよね。

 

日焼け後の美白ケアを忘れないようにしましょう。

 

日焼けをしてしまっても、放っておくといつのまにか戻りますが、できれば、一刻も早く元に戻りたいですよね。

 

日焼けしてしまったお肌を早く戻すための美白ケアについてお調べしました。

 

日焼けをして、どのように美白ケアをしていいか悩んでいる人は必見です。

 

肌を白くする方法

 

日焼けをして、すぐに美白ケアをするのは間違いです。

 

日焼けは火傷と同じなので、まずは、肌を冷やしましょう。

 

冷たいシャワーや、氷をタオルに巻いてあてたりして、まず、肌を冷やします。

 

そして、美白の成分がはいっていない化粧水で保湿をします。美白成分が入った化粧水は、肌への刺激が強いので、日焼け直後は避けましょう。

 

肌への刺激のせいで、色素沈着をおこして、さらに悪化する可能性があります。

 

 

次に、ターンオーバーを促進させましょう。

 

メラニンがたくさん含まれた皮膚はターンオーバーすることによって、表皮に出てきて、肌の色が黒くなります。

 

ターンオーバーを早くすると、早く白い肌に戻れます。

 

栄養バランスがいい食事をとると、ターンオーバーを促進してくれます。

 

ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEは、皮膚のターンオーバーを促すのに有効な栄養素です。他にも、タンパク質や、葉酸、セラミド、亜鉛などがあります。

 

どうしても不足しがちなものは、サプリメントでとるのもおすすめですね。

 

充分な睡眠も、ターンオーバーを促進します。

 

睡眠中に、成長ホルモンが分泌されて、肌のターンオーバーを促進します。寝てから3時間後くらいが、最も分泌されているときです。

 

良質の睡眠というのは、ターンオーバーを促進するためには大切です。

 

良質の睡眠をとれるように、寝る前の習慣をつけましょう。食事はなるべく早く終わらせ、入浴は就寝1時間前には終えましょう。

 

また、寝る前にはテレビやスマホやパソコンの使用を控えましょう。

 

運動もターンオーバーの促進に役立ちます。運動をすると、成長ホルモンが分泌されます。

 

積極的に運動をして、ターンオーバーを促進させるようにしましょう。

 

また、空腹時にも分泌されます。空腹感を感じてから、少し待って食事をすると、基礎代謝があがって、お肌のターンオーバーも促進されます。

 

ピーリングやスクラブは、やりすぎに注意をすればターンオーバーを促進します。やりすぎると、皮膚が薄くなって敏感になりますので、注意しましょう。

 

日焼けをしたばかりのお肌には絶対にやめましょう。

 

メラニンを含んだ黒い角質をとり、美白ケアをしましょう。

 

日焼けして、赤みがひいたら、美白化粧品を使用して、美白ケアをしましょう。

 

美白成分には、メラニン色素が生成されるのを防ぐものと、今あるメラニンを薄くするものの2種類に分けられます。

 

日焼け後にする美白ケアは、ビタミンC誘導体が含まれた美白化粧品をおすすめします。

 

そして、これ以上日焼けをしないように、新たな日焼けをしないように予防しましょう。

 

>>日焼け対策におすすめのオールインワンジェル「シミウス」の口コミはこちら