日焼け アフターケア

MENU

日焼け後のアフターケアはどうする?

日焼け後のアフターケアはみなさんどうしていますか?すぐにアフターケアしないと、がっつり日焼けしてしまいますし、正しいアフターケアの仕方をわかっていないと逆効果になってしまって肌は荒れる一方ですよ!

 

日焼け対策をしていても少なからず日焼けをしてしまう、肌の弱い人であればなおさらそうです。お風呂に入って痛い思いをしたことがあるという人もたくさんいることでしょう。今回は日焼け後のアフターケアについて正しい方法をご紹介していきたいと思います。

 

【日焼けした肌は敏感!】

日焼け後、すぐに美白化粧水や乳液、保湿クリームを塗りたい気持ちはわかります!私もすぐに保湿しなきゃと思って化粧水を塗って、すごくひりひりして痛い思いをしたのを覚えています。

 

日焼けをしてすぐにアフターケアをしなきゃと思って、普段使っている化粧水や乳液、保湿クリームを使うのはNGです!日焼けしてすぐにすることは「冷やす」ことです。すぐに冷やしてあげることで肌の炎症がおさまってきます。やけどと同じようなものだととらえましょう。

【炎症がおさまったらとにかく保湿!】

冷やす作業がおわって、炎症がおさまってきたらとにかく保湿をしてあげましょう!日焼けしていることで肌はおもっている以上に乾燥しています。保湿の仕方も、いつも通りではだめです。

 

化粧水をたっぷり含んだコットンで優しく肌をなぞります。手でも良いのですが、敏感になっている肌にはコットンの方が良いです!普段よりも長めに、丁寧に保湿します。化粧水だけでも3回くらい同じことを繰り返して浸透させましょう。

 

普段使っているものでも構いませんが、日焼けのアフターケアとしては美白成分のはいっているものや、ビタミンCが入っているものがおすすめです。何度も化粧水でパッティングしている時間がない、面倒くさいという人はあらかじめビタミンCや美白成分が入っているパックを、冷蔵庫で冷やしておくと便利です。冷やすのと同時に保湿ができるので、忙しい人にもおすすめです。

 

化粧水でのパッティングが終わったら乳液や保湿クリームなどでしっかりと肌に蓋をしてあげましょう。乳液がべたべたして苦手だという人はさっぱりめの保湿クリームなどでも代用可能です。蓋をしてあげないと化粧水でのパッティングが蒸発してしまって余計乾燥するので、面倒でもしっかり保湿してあげましょう。

【アフターケアでやってはいけないこと!】

保湿をする際に肌を鏡で見るので、日焼けによる肌の皮むけが気になる人がいるかもしれません。気になって向いてしまう人もいるかもしれませんが、絶対にやってはいけません!肌の炎症が進みますし、せっかくのスキンケアが無駄になってしまいますのでやめましょう。

 

日焼け後のアフターケアについて正しい知識は学ぶことができましたでしょうか?いままでのスキンケアは間違っていたという方、これでこれからの夏も安心してください!ただし、日焼け止めを塗ることや日焼け対策は必須です。

 

なにもしない肌で日焼けしてしまうよりも炎症がおさえられるので、日焼け対策も同時に行いましょう。保湿クリームやスキンケアで何を使っていいのかわからないという方は、いま話題の「シミウス」です。

 

>>シミウスの詳細はコチラから