シミ 種類

MENU

シミの種類について!沢山のシミの種類についてお教えします!

 

顔や身体にできる「シミ」には種類があり、人それぞれ違うものになります。なので、美白化粧品などでケアしても、自身のシ

 

ミにあった化粧品でないと効果が期待できない事があります。

 

一口に「シミ」といっても様々なタイプがあるので、自身のシミについて正しく知る事が大切です。

 

一般的にシミと呼ばれるもの

 

医学的に言うと、老人性色素斑(日焼け記憶じみ)、脂漏性角化症、雀卵斑(そばかす)、炎症性色素沈着(肌荒れ記憶じ

 

み)、肝斑(ぼんやりじみ)、花弁上色素斑などが「シミ」にあたります。

 

それでは、それぞれのシミの特徴と、美白化粧品によって改善が期待できるのかを見てみましょう。

 

・炎症性色素沈着(肌荒れ記憶じみ)

 

過去の皮膚の炎症、ニキビ跡や傷跡などが色素沈着となって肌に残ったシミです。虫さされや脱毛によって肌が炎症を起こし、

 

茶色くなった後、最終的に黒くなるものも炎症性色素沈着です。

 

このシミは美白化粧品の働きによって、改善が期待できます。オススメの美白成分は「ビタミンC誘導体」です。

 

美白化粧品以外にはピーリングなどによってターンオーバーを正常に戻してあげる事でシミの治りを促進する事が出来ます。

 

・老人性色素斑(日焼け記憶じみ)

 

別名が「日焼け記憶じみ」である事からも分かる様に、若い頃の紫外線対策が万全で無かったことによって多く表れるシミです。最初は薄いので気にしない方もいますが、年を重ねるに連れてだんだん増えてきます。老化現象の一つでもあります。炎症性色素沈着(肌荒れ記憶じみ)と比べると、シミの境界がくっきりとしています。

 

このシミの改善には早めの対策が重要になります。初期のものである茶色くて薄いシミには美白化粧品が有効ですが、時間が経ってしまったシミには美白化粧品の美白成分はほぼ効果はありません。

 

一番効果的なのは、普段から紫外線を予防する事ですが、加齢と共に黒くはっきりとしたシミはレーザー治療で取る事も出来ます。

 

・脂漏性角化症

 

別名を(出っ張りじみ)と言い、皮膚の表面がイボの様に膨らみを持っていて、淡褐色から黒色である事が特徴です。医学的には、皮膚の良性腫瘍で、紫外線に当たってそのまま放っておくと大きくなってしまいます。

 

このタイプのシミには美白化粧品での改善は期待できません。炭酸ガスレーザーや液体窒素での除去をお勧めします。レーザー治療は数回に分けて行う事が多く、治療後はカサブタになった後、薄くなります。

 

・雀卵斑(そばかす)

 

主に目の下に出来る細かい色素斑の事を呼びます。そばかすは主に遺伝的なシミになります。遺伝的なソバカスは思春期に出来始め、紫外線などの外的な影響によって広範囲に広がります。色白の人に多く出来ます。

 

そばかすには美白化粧品のメラニンの生成を抑制する成分によって、色を薄くすることは可能ですが、遺伝的な要素が強い為、美白化粧品だけでは改善が難しいです。どうしても消したい場合はレーザー治療によって除去が可能ですが、その後の紫外線対策も重要になり、再発の恐れも多くなります。

 

・肝斑(ぼんやりじみ)

 

主に、目の下に左右対称に近い形で表れるシミで、ぼんやりとしたシミになります。美白化粧品によって治療が期待できます。

 

美白成分でメラニンの生成を抑制する事で肌の透明感を引き出す事が出来ます。また、「トラネキサム酸」も有効性分として知られています。

 

自分のシミのタイプに合った治療法を見極めることが大切なんですね。

 

>>シミや肝斑に良い美白化粧品「シミウス」にの販売店はこちら