シミ 原因 紫外線

MENU

シミの原因は紫外線?シミが出来る原因、シミと紫外線の関係について☆

シミは、メラニンが過剰に生成されることによって発生します。メラニンはメラノサイトによって作られますが、皮膚にはこのメラノサイトに対して「メラニンを作れ」と命令をする物質があります。このメラノサイト刺激物質を活性化させてしまう原因となるのが「紫外線」、「活性酸素」、「炎症」等です。

 

紫外線について

 

紫外線が肌に入って来ると、肌は細胞を守る為にメラノサイトを刺激してメラニン色素を作り出す物質が活性化します。通常であれば、紫外線を浴びなくなるとメラニン色素は作られなくなり、皮膚の新陳代謝によって元の肌色に戻りますが、皮膚細胞のDNAに異変が起こると、シミが発生してしまいます。

 

活性酸素について

 

活性酸素が発生すると、活性酸素を取り除く為に「メラノサイト刺激ホルモン」というホルモンが分泌され、メラニンが作られます。活性酸素を作り出す原因には、紫外線、ストレス、喫煙。飲酒、電磁波、排気ガス、食品添加物、便秘、激しい運動、睡眠不足などがあります。

 

炎症について

 

ニキビ跡や肝斑といった炎症がシミの代表的な原因になります。皮膚にダメージが与えられると、炎症のダメージを回復する為に皮膚は新しい細胞を作ろうと働きを活性化させます。それと一緒にメラノサイトも活性化してしまい、メラニン色素の産生が促進されて色素沈着がおこってしまいます。皮膚に、この炎症をおこさせてしまう原因は、日焼け、摩擦、刺激の強い化粧品、虫さされ、やけどや外傷、湿疹やかぶれ、ニキビ、ホルモンの乱れなどがあります。これらの紫外線、活性酸素、炎症の三つの原因によってシミは出来てしまいます。

 

シミに効く成分

 

上記に挙げたシミを作り出す原因によって出来てしまったシミでも、有効成分を用いる事で改善が可能です。一般的にシミに効くとされている成分は、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸、カモミラET、4MSK、マグノリグナン、プラセンタエキス、油溶性甘草エキスなどです。

 

 

オススメの美白化粧品

 

上でも美白成分として触れている「プラセンタエキス」が配合されている美白化粧品“シミウス”がオススメです。シミウスは高濃度配合されたプラセンタエキスがメラニンの生成を抑制し、シミを予防してくれます。また、コラーゲン、シコンエキスなどの保湿成分をたっぷり配合し、乾燥肌の方にも安心してお使い頂ける処方となっていますので、美白効果をより高める事が出来ます。さらに、ヒアルロン酸、コラーゲンが角質層の隅々にまで浸透し、肌が本来持っているふっくらとしたハリのある透明感を導いてくれます。また、シミウスはオールインワンジェルなので、毎日のケアに手軽に取り入れる事が出来、継続が必要になる美白化粧品ですが、非常に続けやすい化粧品となっています。マッサージジェルとしても使え、一品で何通りもの使い方が出来る美白化粧品です。

 

>>シミや肝斑に良い美白化粧品「シミウス」の最安値はこちら