シミ 遺伝

MENU

シミは生まれつき?遺伝のせい?生まれつきや遺伝でできたシミを直す事はできる?

 

確かな根拠はありませんが、加齢や紫外線の影響を受けやすく、生まれつきシミが出来やすい遺伝子タイプがある事は事実です。

 

両親が色白の場合、その子供も生まれつき日焼けに弱く肌が赤くなるタイプになる可能性が高いでしょう。メラニン生成が活発で色素が残りやすい人は、シミができやすくなる可能性があります。そばかすなどは生まれつきの遺伝の影響が強いシミになります。

 

そばかすが小さい頃から出来るのは、遺伝が関係しているからです。本来のシミは紫外線を多く浴びる程出来やすくなるので、子供にシミが出来る事は稀ですが、そばかすは生まれつきの遺伝の影響が強く、小さい子供にもよく出来ます。ですので、そばかすに対しては美白化粧品の効果がそれほど期待できるとは言えません。

 

遺伝性のシミでも改善は可能です

 

そばかすなど生まれつきの遺伝性のシミは他のシミに比べたら改善に時間がかかりますが、全く改善できない訳ではありません。メラニンの生成が活発で色素が沈着しやすい方は、紫外線対策を万全にして、紫外線の影響が肌に出ないように意識する必要があります。

 

このような肌質の方でもお手入れ次第でいくらでも改善する事が可能です。加齢の影響によってできるシミは日頃のお手入れが大きく関わって来るので、常日頃から、肌への影響を考えてケアする事でシミをなくす事も美肌になる事も可能です。

 

両親のどちらかにシミが多い方は、自身もその影響を大きく受けやすくなりますので、日頃から、日焼け対策、美白ケアを行ってシミ予防を意識した生活を送りましょう。

 

おすすめの美白化粧品

 

美白化粧品の中でも特におすすめなのが、ハイドロキノンという成分が配合された化粧品です。ハイドロキノンは現在化粧品に含まれる美白成分の中では最も美白効果が高いものになります。使用開始から二ヶ月くらいで目に見える効果が現れるので、まずはそのくらいを目安に継続して使ってみて下さい。

 

ハイドロキノンは頑固なシミにも効く成分として知られていますので、シミやそばかすの除去をレーザー治療などに頼る前に自宅で気軽のケアできる美白化粧品から取り入れるのが最もおすすめです。

 

クリニックなどでのレーザー治療では費用が高くなったり、治療簿のアフターケアも大変になってしまいますものね。

 

の他シミに効くとされている成分は、以下のようなものになります。

 

・ハイドロキノン
・ビタミンC誘導体
・トラネキサム酸
・アルブチン
・コウジ酸
・エラグ酸
・ルシノール
・リノール酸
・カモミラET
・4MSK
・マグノリグナン
・プラセンタエキス
・油溶性甘草エキス

 

オススメの美白化粧品

 

上でも美白成分として触れている「プラセンタエキス」が配合されている美白化粧品“シミウス”がオススメです。シミウスは高濃度配合されたプラセンタエキスがメラニンの生成を抑制し、シミを予防してくれます。また、コラーゲン、シコンエキスなどの保湿成分をたっぷり配合し、乾燥肌の方にも安心してお使い頂ける処方となっていますので、美白効果をより高める事が出来ます。さらに、ヒアルロン酸、コラーゲンが角質層の隅々にまで浸透し、肌が本来持っているふっくらとしたハリのある透明感を導いてくれます。

 

>>シミや肝斑に良い美白化粧品「シミウス」の最安値はこちら