シミ 顔

MENU

顔に出来てしまったシミ!顔に出来たシミの治療方法をお教えします!

 

顔に出来る主なシミには以下のものがあります。

 

  • 老人性色素斑‥色は淡褐色から褐色で、肌の色との境界がはっきりしており、左右対称では無い。
  • 肝斑‥色は淡褐色から褐色で、ほお骨から目尻に左右対称にでき、おでこや鼻の下に見られる場合もあります。
  • 炎症後色素沈着‥色は淡褐色から褐色で、青っぽく見える場合も。足や腕などの魅し刺され跡もこのタイプ。
  • そばかす‥遺伝的なもので、頬や鼻にでき、直径数ミリ以下で広範囲に渡ってみられる。

 

老人性色素斑にオススメの治療法

 

紫外線の影響や加齢によって顔にできるシミになります。突然出来た様に感じる事もありますが、これまでに蓄積されてきた紫外線によって表れたもので、40歳前後から目立ち始めます。

 

セルフケア法としてビタミンC誘導体とイオン導入器でのケアがオススメです。ビタミンC誘導体にはメラニンの一部を淡色化する効果やメラニンの生成を抑える作用があります。

 

ビタミンC誘導体をイオン導入する事で役20倍も浸透力がアップし、効果が高まります。ビタミンC誘導体はイオン導入器との併用がオススメです。

 

肝斑にオススメの治療法

 

ホルモンバランスの乱れと密接に関係しているのが肝斑です。肝斑は30~40代に多く見られます。シミの色は淡褐色や褐色で、灰色に見えるものもあり、顔の頬骨から目尻に沿って左右対称にできるのが特徴です。おでこや鼻の上にできる事もあります。

 

セルフケア法として、ピーリングと美白化粧品でのケアをおすすめします。この二つのケアをあわせて行う事で改善効果が高まります。

 

ピーリング剤には様々な形のモノがありますが、スクラブ入りの洗顔料などは、肌への刺激で肝斑を悪化させてしまう恐れがあります。        

 

また、美白化粧品の多くはメラニンの生成を抑え、シミを“予防”する為のものです。ですので、肝斑にはクリニックなどでも処方されている“ハイドロキノン”が配合されている化粧品でケアするのが良いとされています。

 

また、“トラネキサム酸”という内服薬も、肝斑に効果的だとされています。市販薬では「トランシーノ」や「トランサミン」などになります。                        

 

血栓が出来やすくなるという副作用がありますので、服用する場合は使用上の注意をよく確認し、心配な方は美容皮膚科で処方してもらって下さい。

 

炎症後色素沈着

 

ニキビや傷の炎症が治まった後の色素沈着によってできるシミです。年齢に関係なく見られます。色は淡褐色から褐色で青っぽく見える事もあります。時間はかかりますが、炎症が治まると消えていく事が多いです。オススメのケア法はピーリングです。

 

美容皮膚科では濃度の高いピーリングが受けられますが、セルフケア用のピーリング剤でも自宅で簡単に行うことができます。

 

市販で売られているものでは「薬用ホワイトヴァージンピール」や、「プリモディーネ シーバムコントロールVCローション」などがあります。青っぽく見える炎症後色素沈着は、メラニン色素が真皮にまで沈着している可能性があり、治るまでに時間がかかりますが、ピーリングとビタミンC誘導体を併用する事で改善効果が高まります。普段から日焼け対策を万全に行いましょう。

 

 

そばかす

 

雀卵斑とも呼ばれており、遺伝的な要素によってできるシミです。色は淡褐色で頬や鼻を中心に、直径数ミリ以下のものが広範囲に渡ってできるのが特徴です。色白の方に多く見られます。遺伝的な要素が強い為、美白化粧品などを使用しても完全に消す事は難しい様ですが、思春期を過ぎてから濃くなったものは、ピーリングや美白化粧品でも改善が可能です。

 

 

人それぞれ顔に出来るシミのタイプが違うので、自分のタイプに合ったケア法でシミを失くす為に頑張りましょう!

 

>>シミや肝斑に良い美白化粧品「シミウス」にの販売店はこちら