シミ クリニック

MENU

シミを治療できるクリニックではどんな事をするの?そんな疑問にお答え!

シミにお悩みの方は多いですよね。シミ治療をおこなっている「シロノクリニック」ではシミの種類に合った方法でシミ改善の為の治療が行えます。

 

シロノクリニックで治療できるシミの種類には以下のものがあります。

 

・老人性色素斑(日光性色素斑)

 

顔面・手の甲・腕などに出来る濃い褐色の境界明瞭なシミです。日光性黒子とも呼ばれ、多くは3、40代で出て来るシミです。一般的なシミのタイプの多くはこのシミになります。

 

シミの中ではレーザーや光治療の反応が一番出やすいのがこのシミの特徴です。

 

  • 脂漏性角化症(老人性いぼ)
  • 雀卵斑(そばかす)
  • 肝斑(かんぱん)
  • 色素沈着
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

 

〈シミ治療の流れ〉

 

  1. メイクを落としてカウンセリング
  2. 冷却ジェルを塗ります。
  3. レーザー照射(10分程度)
  4. 3週間後経過報告をしに来院(この頃にはカサブタが剥がれて肌に張りが出てきます。)
  5. この後もう一度レーザー照射するとより効果的です。

 

〈ピンポイントのシミ治療〉

 

このクリニックでは皮膚の深い部分にあるシミのメラニン色素だけを確実に取り除く事ができます。レーザー光が正常な皮膚にほとんど吸収されない安全な治療方法で皮膚の深い所にあるシミのメラニン色素だけを確実に取り除く事ができます。

 

レーザーはほんの一瞬だけ照射し、治療後はシミがカサブタになり、5日から7日程度で剥がれ落ちます。その後、一ヶ月程度でもとの肌色に改善していきます。

 

 

〈レーザー照射時の痛みって?〉

 

レーザー照射時の痛みは、皮膚を輪ゴムでパチンと弾かれたような感覚です。痛みに耐えられない方にはテープやクリーム状の麻酔を使用することができます。

 

 

〈広範囲に点在するシミ治療〉

 

このクリニックでは細かく点在するシミやくすみをまとめて解消することができます。

 

波長の広い光のレーザーを使用します。照射後に反応したメラニンは、ゴマのように浮き上がって、一週間程度で洗顔する内にポロポロと肌から剥がれ落ちます。照射後の痛みは、ピンポイントのシミ治療とあまり変わりはなく、治療直後から化粧が可能な程、日常生活には影響を与えません。

 

この治療の回数を重ねるうちに肌のトーンが上がっていき、ハリの改善や毛穴の引き締め、肝斑にも効果があります。

 

 

〈レーザーで肝斑治療が可能〉

 

これまでのレーザーは肝斑治療には不向きでしたが、このシロノクリニックでは、Qスイッチヤグレーザーというレーザーを用い、照射径内のパワーが均一で、安全で効果のある肝斑治療が可能になりました。

 

肝斑は炎症が起こると悪化してしまう為、炎症を起こさない程度にレーザーを弱く照射して、肌の中に停留しているメラニンを少しづつ破壊して薄くしていきます。

 

〈多数の治療機器を使用〉

 

一つのレーザーで全てのシミを改善できる訳ではないので、特性の異なるレーザーや光治療器を使用して、治療を行います。四肢身の種類や性質・濃さにより、治療経験の豊富な医師が最適な治療方法を見極めます。

 

 

〈院内処方薬で相乗効果が〉

 

このクリニックで処方される炎症止めや美白剤などの外用薬の使用を始め、トラキネサム酸、ビタミンCなどの内服薬の服用によって、さらにレーザー治療の効果を高める事ができます。

 

シミ治療ができるクリニックでは、このようなしみ治療が可能です。

 

>>シミや肝斑に良い美白化粧品「シミウス」にの販売店はこちら