シミ・美容についてのコラム

MENU
 

シミによく効くと言われている「ハイドロキノン」という成分。このハイドロキノンが配合されたものとして代表的なのがクリームですね。シミ治療によく使われています。「ハイドロキノンクリーム」は、その名の通り、ハイドロキノンを配合したクリームの事です。ハイドロキノンは、シミのもととなるメラニン色素を作り出す“メラノサイト”の働きを抑制し、メラニンの発生を抑える働きがあります。ハイドロキノンクリームの中にも、...

 
 

シミにお悩みの方は多いですよね。シミ治療をおこなっている「シロノクリニック」ではシミの種類に合った方法でシミ改善の為の治療が行えます。シロノクリニックで治療できるシミの種類には以下のものがあります。・老人性色素斑(日光性色素斑)顔面・手の甲・腕などに出来る濃い褐色の境界明瞭なシミです。日光性黒子とも呼ばれ、多くは3、40代で出て来るシミです。一般的なシミのタイプの多くはこのシミになります。シミの中...

 
 

顔に出来る主なシミには以下のものがあります。老人性色素斑‥色は淡褐色から褐色で、肌の色との境界がはっきりしており、左右対称では無い。肝斑‥色は淡褐色から褐色で、ほお骨から目尻に左右対称にでき、おでこや鼻の下に見られる場合もあります。炎症後色素沈着‥色は淡褐色から褐色で、青っぽく見える場合も。足や腕などの魅し刺され跡もこのタイプ。そばかす‥遺伝的なもので、頬や鼻にでき、直径数ミリ以下で広範囲に渡って...

 
 

顔や身体にできる「シミ」には種類があり、人それぞれ違うものになります。なので、美白化粧品などでケアしても、自身のシミにあった化粧品でないと効果が期待できない事があります。一口に「シミ」といっても様々なタイプがあるので、自身のシミについて正しく知る事が大切です。一般的にシミと呼ばれるもの医学的に言うと、老人性色素斑(日焼け記憶じみ)、脂漏性角化症、雀卵斑(そばかす)、炎症性色素沈着(肌荒れ記憶じみ)...

 
 

シミ対策の為の化粧品は「雑品」「医薬部外品」「医薬品」の三つに分ける事ができます。どちらが優れていてどちらの方が劣るという事は特にありません。医薬品ついてシミを本当の意味で「消す」為の化粧品です。医者のみが取り扱う事のできる成分で、医薬品と付くケア用品は美容クリニックや皮膚科に行って手に入れなければなりません。シミには有効ですが、刺激が強いため肌荒れなどの恐れもあります。ですので、お医者さんの管理...

 
 

確かな根拠はありませんが、加齢や紫外線の影響を受けやすく、生まれつきシミが出来やすい遺伝子タイプがある事は事実です。両親が色白の場合、その子供も生まれつき日焼けに弱く肌が赤くなるタイプになる可能性が高いでしょう。メラニン生成が活発で色素が残りやすい人は、シミができやすくなる可能性があります。そばかすなどは生まれつきの遺伝の影響が強いシミになります。そばかすが小さい頃から出来るのは、遺伝が関係してい...

 
 

〈急に出来てしまったシミについて〉急に出来てしまったシミの原因として、「紫外線を浴びてしまった」事が上げられます。なぜ紫外線を浴びる事によってシミが出来てしまうのでしょうか。それは、紫外線を浴びることによって“活性酸素”の生成が早まってしまったからです。活性酸素が増え続けると、それに伴ってメラニンもどんどん増えて、シミが出来てしまうという事なんですね。そして、年を重ねるにつれてシミが増えていくのは...

 
 

シミは、メラニンが過剰に生成されることによって発生します。メラニンはメラノサイトによって作られますが、皮膚にはこのメラノサイトに対して「メラニンを作れ」と命令をする物質があります。このメラノサイト刺激物質を活性化させてしまう原因となるのが「紫外線」、「活性酸素」、「炎症」等です。紫外線について紫外線が肌に入って来ると、肌は細胞を守る為にメラノサイトを刺激してメラニン色素を作り出す物質が活性化します...