スキンケア 敏感肌

MENU

スキンケア方法で乾燥肌は改善する?

スキンケアの方法で乾燥肌が改善することをご存知ですか。今回は、乾燥肌の方に適したスキンケアの方法をご紹介します。

 

乾燥肌になると、お肌がカサカサで突っ張った状態になりますよね。これは角質層の水分が不足して、油分が少ないためです。

 

角質層の働きが弱まると、紫外線やほこり、細菌などからお肌を守るバリア機能が正常に働かなくなるので、乾燥肌になると痒みやニキビ、シミ、シワといった肌トラブルを引き起こす原因になります。

 

したがって、乾燥肌を予防するスキンケア法が必要となってきます。

 

ここから、乾燥肌に適したスキンケア方法を紹介していきます。

 

乾燥肌の方の正しいスキンケア方法を解説

 

1.洗顔するときは、優しく洗う

 

乾燥肌の最大の原因は、肌のこすりすぎと言われています。肌をこすりすぎてしまうと、角質層を痛めてしまうので、洗顔をする際は刺激が少ない固形石鹸でたっぷりと泡立てて優しく洗うようにしましょう。

 

2.洗顔の際は、ぬるま湯で洗うようにする

 

肌を乾燥から守ってくれる皮脂は、温度が高ければ高いほど溶けだしてしまいます。そのため、お湯の温度が高すぎるとお肌を守るための油分まで洗い流してしまい肌を乾燥させてしまいます。

 

したがって、体温より低い32〜35℃のぬるま湯でお肌を洗うと皮脂の溶けだしを防ぎ、お肌の乾燥を防ぐことが出来ます。そして、顔を洗う時はゴシゴシせず、短時間で優しく洗うようにしましょう。

 

3.クレンジングはミルクタイプを使う

 

オイルクレンジングはメイクをよく落とすので便利ですが、洗浄力が強いためメイクの他に角質や余分な皮脂を奪い取ってしまいます。

 

ミルククレンジングは、保湿力が優れているので、肌の潤いを残してさっぱりと洗い流すことができる特徴があるので、乾燥肌の方はミルククレンジングを使うことをお勧めします。

 

アイメイクなどどうしても落ちない場合は、その部分だけオイルクレンジングを使うなどの使い分けをすると良いでしょう。

 

4.入浴後は、時間を置かず保湿をする

 

洗顔後の肌は、水分が急激に失われるので、洗顔後はすぐに保湿をすることが大切です。タオルで水分をふき取ったらすぐに、化粧水などで保湿をするようにしましょう。

 

化粧水をつける際は、コットンの刺激はお肌によくないので、手でつけるようにしましょう。化粧水をつける際も、手でこすってつけずに優しく押し込むようにつけることが大切です。

 

まとめ

 

以上、乾燥肌の方に適したスキンケア方法を紹介しました。お肌を乾燥させることは、様々な肌トラブルの原因になるので、上記4点を日々のスキンケアを行う際に意識して行うようにしましょう。

 

また、保湿効果のある化粧品を選ぶことも重要になってきます。様々な保湿効果のある化粧品が販売されていますが、乾燥肌の方には保湿効果のあるオールインワンゲルの使用をお勧めします。

 

なぜオールインワンゲルかと言うと、オールインワンゲルは、1本で化粧水、乳液などの役割を担っているので、短時間でスキンケアができます。そして、1回でスキンケアを終えることが出来るので、肌への摩擦軽減が可能となります。

 

乾燥肌になると、少しでも早く肌に潤いを与える必要がありますし、肌に摩擦が加われば加わるほど、より乾燥してしまいます。

 

これらのことから、乾燥肌の方にはオールインワンゲルが適していると言えます。オールインワンゲルを選ぶ際は、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿美容成分が入っているものを選ぶと、保湿効果が得られて乾燥肌の改善につながるのでお勧めです。

 

乾燥肌に悩んでいる方は、今回の記事に書いてある4つの注意点と、保湿効果のあるオールインワンゲルを一度試されてもいいかもしれませんね。

 

>>簡単スキンケアが可能な「シミウス」についてはこちら