オールインワンジェル 使い方

MENU

シミウスオールインワンジェルの上手な使い方

シミウスオールインワンジェルは40代のお肌のケアに必要な10種のケア(化粧水、乳液、保湿液、美容液、クリーム、マッサージ、パック、アイクリーム、パック、化粧下地)をひとまとめにした使い方便利な美容ジェルです。

 

使い方は洗顔後シミウスオールインワンジェルをひと塗りするだけです。これで大体の基礎化粧品を塗ったことになるなんて毎日のお手入れがすごく楽ですよね。

 

化粧水、乳液、美容液、マッサージクリームと年を重ねるごとにふえていく化粧品たち。女性の肌は30代で水分量が低下し、40代で水分だけではなく油分まで低下します。だからこそ化粧品はケチってはいけないのです。その点シミウスオールインワンは、使い方は簡単だし値段も4000円くらいなのでお財布にも優しいですよ。今回はシミウスオールインワンジェルの上手な使い方についてご紹介します。

 

 

■基本的な塗り方
シミウスオールインワンジェルの使い方についてです。シミウスオールインワンジェルはマッサージに適した二層ジェルを採用しています。それゆえ基本的には洗顔後マッサージしながら塗るといった感じなんですが、以下もう少し詳しく説明します。

 

洗顔後スパチュラ(化粧用さじ)で2回分とります。スパチュラがない場合は、小さじ1(5g)を二回とる目安で手に取りましょう。手のひらでのばしてシミウスが体温で温まってきたら顔全体に塗ります。

 

そして中指で目元をくるりとマッサージしてから、頬からデコルテにかけて流していきます。頬からデコルテにかけてはリンパの流れを促すために3回するように公式ホームページはおすすめしています。

 

ここで一口コメントするならば、デコルテにかけてマッサージする際左の鎖骨のくぼみをめがけて流すと効果が得やすいですよ。

 

リンパ液は体で不要になった疲労物質や老廃物をリンパ官を通って送られてきたものです。リンパ液はリンパ官というフィルターで透過され全身へ細菌を送らないようにしています。

 

首筋から左側の鎖骨のくぼみにかけてマッサージするようにすると鎖骨のくぼみに集中しているリンパ節に合理的に流す形になるので毎日のお手入れに是非加えてみてくださいね。
■目元の集中ケアに
お肌が疲れたときはスペシャルケア&早めの就寝がベストですよね。しかし意外に見落としがちなのが目元のケア。毎日酷使しているからこそシミウスオールインワンジェルでスペシャルケアしたいものです。使い方は基本的な使い方に加え、目元にかさね塗りするだけです。シミウスの良いところは使い方がシンプルで分かりやいところです。

 

■毛穴ケアとして
毛穴ケアとしての使い方は酵素洗顔やピーリングで毛穴の汚れを落としたあとに水分補給をして引き締めることが大切です。洗顔後シミウスの基本的な塗りかたをしたら、毛穴に再度かさね塗りをして指の腹でトントンと染み込ませるようにします。

 

■日焼け後のケアにパックとしても利用できる
シミウスの売りはシミをケアする美容ジェルなところですから、1日外出をしたときの日焼けケアとしてもおすすめです。使い方はコットンに染みこませコットンを薄めに何枚かに分けて肌にのせるだけ。普通の化粧水でもかなりやっているポプラーなケアの方法ですがシミウスオールインワンジェルでも試してみたいですよね。

 

■まとめ:シミウスオールインワンジェルはいろいろな用途で使える
結論としては普段のケアからちょっと気になる部分への重ね塗りで、スペシャルケアと同じような効果が得られるということです。その他思いつく限りいろいろな使い方を試していける多様性がシミウスオールインワンジェルの魅力でしょうか。これからシミウスを使われるかたは是非上記の方法にチャ