オールインワンジェル しわ

MENU

シミウスオールインワンジェルはしわに効く?

お肌の年齢が下り坂になるとやはり気になるのがしわですね。皆さんはどのようにしわ対策をされているでしょうか?私はやはり保湿を怠らないことが最大のしわ対策なるのではないかと思って日夜保湿に励んでおります。しかし、すでに出来てしまったしわにはどのようなケアをすればいいのか気になりますよね。

 

シミウスオールインワンジェルは保湿もできる美容液入りのマッサージジェルということですが、お顔にできてしまったしわに少しでも効くのか今回はサーチしてみました。

 

■正しいしわのケアの方法は?
お顔にできてしまったしわを消せるのかどうか探る前に確認しておきたいのはしわのタイプです。肌にどんな理由でしわができているのか知れば対策もばっちりですね!通常しわには3種類あります。

 

・ちりめんじわ…いわゆる小じわというやつで、角質層にできたしわ。保湿すれば消せる。
・表情じわ…表情により刻まれてゆくものです。はじめはそこまで気にならないが加齢により深くなり真皮まで届けば修復することは難しくなります
・真皮に届くしわ…表情じわが真皮まで届いた状態。

 

ポイント
★保湿で無くなるしわとそうでないしわがある。

 

角質層にできたシワは保湿で改善でき、真皮まで届いたしわはコラーゲン注入などの美容医療の領域になります。

 

■そもそもシワって何故出来るのか?
おなじみのコラーゲンは肌の基底層という土台の部分にあるクッションのように肌に弾力を与えている成分です。普通、加齢や紫外線の刺激により肌に含まれる水分は減って弾性をうしなっていきます。そのため減ったコラーゲンをつなぎ止めているエラスチンという網目もブツブツ切れ、その部分にくぼみが出来たものがシワになります。

 

そのため肌を衰えさせないアンチエイジングケアや保湿が必要になっていますが、肌の真皮にまで届く分子の細かい化粧品を作るにはようやく研究成果が出始めたといった具合が今の美容の先端技術らしく、とくに声を大にして宣伝している化粧品以外はかなりまゆつば効果です。
■シミウスオールインワンジェルに含まれるシワに効く成分
それでシミウスオールインワンジェルに入っている注目したい成分は、ヒアルロン酸ナトリウム(2)です。(前項:シミウスオールインワンジェルは乾燥肌に効く?参照)

 

肌の真皮にあるゼリー状の物質、通常30代で65%に減り40代では45%に減る。ヒアルロン酸ナトリウム2は鳥のトサカから抽出したヒアルロン酸を低分子化し、肌に吸収されやすいようにしたもの。保湿液界隈では保湿製品にはこれかセラミドが入っていることが多い。逆を言えばこれかセラミドが入っていれば、保湿液としての機能は果たしていると言えます。

 

低分子化とは分子を小さくすることです、高分子は分子が大きいことですね。私たちが食べ物を食べると唾液に含まれるアミラーゼという酵素がでんぷんを分解しています。このように砕いたり叩いたり何らかの力を加え肌に染み込みやすい美容成分を日夜作り続ける努力を研究者たちは行っています。

 

問題のヒアルロン酸ナトリウム2は食用によりコラーゲンが吸収され肌の治りを早めたという実験結果があるようで、肌に塗って効果が出たと証明されたわけではないんですね。

 

ポイント
★ヒアルロン酸を食べたほうが肌には効く。

 

■まとめ
さらに調べを進めていると、経皮よりヒアルロン酸2が吸収されるとすれば分子量500以下ということです。化粧品として出回っている低分子ヒアルロン酸は分子量が大きいのものがほとんどで、ではシミウスオールインワンジェルに含まれているものはどうなのか?といえば、使用しているヒアルロン酸がどの製品から利用されたものかわからないので、謎を残す形となります。